プラズマテレビ Wooo P42-HR02 について

P42-HR02は、P42-HR01の後継機で、HR01よりデザインや機能が進化しています。
プラズマテレビのなかでも高級感がありコストパフォーマンスが高い為、

 2009年4月現在、大変売れています。価格.comでも売り上げ一位でした。

スポンサード リンク

◆内臓HDD250GBで録画

内臓HDD250GBを搭載している為、録画も簡単。
配線も少なくてすむ上に、リモコンがひとつでいい為、
機械に慣れていないご年配の方でも、感覚で簡単に録画や再生ができます。

又、iVポケット(アイヴィ)でHDDの増設も可能です。
iVカセットはHDDの為、大容量かつVHS感覚で使用できて便利です。
 ダビング10対応なので、MOVEx1・COPYx9も可能です。

◆価格

日立(HITACHI)のプラズマテレビ Wooo P42-HR02は、
2009年4月時点で大体110000円〜130000円です。

◆レビュー

・価格
 電気店を回った結果、各電器店では、135000〜140000円+ポイント還元で約20000円分
位でした。現状110000円台で購入できれば文句なしと思われます。

02の後期シリーズP42-HP03、XP03が2009年5月に発売されるので今が売りつくし時期かな。

・枠の写りこみ
 電気店では枠への照明の写りこみが気になったが家では気にならなかった。

・HDD録画機能
 使ってみるとその簡単さに驚きました。
HDDが一体化しているのは接続も不要で便利です。
自分は説明書読まずになんとなくで使えました。

・HDMIx3
 HDDは内臓されている為、3個あれば十分。

・チャンネル切り替え速度
 地デジ・CS/BS共にダブルチューナーである為か、チャンネル切り替え速度が速い気がした。
 少なくともストレスは感じない。

・画質
 フルHDではないハーフHDですが、42インチではハーフで十分綺麗。

※ レビューは個人的な意見です。

プラズマテレビ

プラズマは液晶より処理速度が早いため(倍速等よりも)残像などの心配がなく、
動きの早いスポーツを見ても目が疲れにくい。

スポンサード リンク

日立(HITACHI)のテレビ

日立(HITACHI)のテレビ はプラズマ以外に、液晶のUTシリーズの超薄モデルを販売しています。
 薄さ、壁掛けが必要ならばUTシリーズがお勧めです。

スポンサード リンク