◆ヘルシーシェフ MRO−DS7について

今お手ごろ価格で、十分なスチーム機能がついている機種としてMRO−DS7が売れています。
DSはMRO−DFに加熱水蒸気オーブン(以下スチームオーブン)が追加された機種でから揚げなど調理することができます。

主な機能は以下です。
・スチームは加熱水蒸気(対流式)で100℃以上のスチームを使っています。
・脱臭機能もついています。
・庫内がフラット

説明書の中にレシピの使い方など参考になるクッキング集がのっていますのでとても覚えやすかったです。

スポンサード リンク

◆ヘルシーシェフ MRO−DS8との違い

ヘルシーシェフ MRO−DSシリーズには、DS7とDS8がありますがMRO−DS7とMRO−DS8との違いは、容量と2品同時暖め機能、 あと、オートメニュー機能の種類に違いがありますが、使う機能にはDS7で十分と思います。

     型式   DS7  ・  DS8
     容量   22L  ・  31L
2品同時暖め機能  なし  ・  あり
レシピ数     32コース ・ 39コース

それよりも、DS8が上位機種(値段が5000円くらい高い)にもかかわらずDS7の方が売れているようです。

この要因には31Lの容量を必要とするかどうかと、DS8は大きいので設置場所に困るということがあります。
(スチームオーブンは機体が高熱になる為、機体と壁との間に最低左右5cm、上20cmの空間が必要です。*)

以上の理由により、置き場所をとらないし、暖まりやすいので容量を必要としないなら小さいDS7の方が売れているようです。

※ 背面は隙間なしでもOK(DS7・8=背面壁ピッタリ設置構造)です。(メーカー記載)

◆お手入れ方法

・スチームの水
 スチームの水は『水タンク式』で使用した後に、その都度余った水は捨てましょう。
水の放置は衛生的によくないです。

・庫内の焦げ
庫内が焦げた場合は、塗れた布でできるだけ焦げをふやかして除去しましょう。

◆価格

ヘルシーシェフ MRO−DS7は、
2009年3月時点で大体25000円〜30000円です。
DS8は+5000円くらいです。

スチームレンジでガンガン調理するという方には、更なる高機能&レシピ多数の DV100やDV200をお勧めします。

◆スチームオーブンレンジ

スチームオーブンレンジは、高温のスチームで温めたり焼いたりする機能です。
代表的な機種はシャープのヘルシオですが、最近では他のメーカーも発売しており人気が出てきています。

スポンサード リンク

◆スチームオーブンの特徴

スチームオーブンだと油を使わないで、から揚げ・天ぷら等を調理する事ができるのでとてもヘルシーに仕上がります。
カロリーを減らしておいしい料理が食べれます。
又、冷えたから揚げなどをパリッと温めたり、パンを電子レンジよりもふっくら暖めることができます。

スポンサード リンク